平成29年度 山梨県・緑の普及啓発事業特別公演会

塚本こなみ氏講演会

平成29年10月18日(水)午後2:00~4:00
敷島総合文化会館にて日本のフジについて語って頂きました。

塚本こなみ氏 Profile

静岡県磐田市出身。 1992年女性で初めて樹木医の資格を取得。
1996年、あしかがフラワーパークに大藤を移植。
1999年、あしかがフラワーパーク園長就任(2015年7月退任)
2013年、はままつフラワーパークの再建を期待され、浜松市花みどり振興財団の
理事に 就任。 1300本の桜をベースに50万球のチューリップを植栽し、世界一
美しい「桜とチューリップ の庭園」と打ち出し、現在就任前の2倍の来園者数を
得ている。現在、「圧倒的に美しいフジ」の園づくりを目指して活躍中。
著書:「奇跡の樹」「木の声が聞こえます」「おおふじひっこし大作戦」
TV:NHK「プロフェッショナル」「課外授業へようこそ先輩」、他多数出演。

konami

いよいよ講演開始です。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA  OLYMPUS DIGITAL CAMERA
敷島総合文化会館の大ホールがいっぱいになるほどのお客様にご来場いただきました。

まずは、藤の起源・歴史など、由来についてお話を頂きました。
続いて、樹木医になるときのお話、あしかがフラワーパークの大藤を移植することになった
経緯や心構え、現在のはままつフラワーパークへの取り組みなど、愛情や情熱のこもった
お話を聞くことができました。
最後に、登校拒否や引きこもりに対し、植物には自分を取り戻す力があると信念を持ち取り組む
お話には涙が出るくらい感動いたしました。

 ご来場いただきましたお客様の貴重なご意見を一部ですが紹介させていただきます。

・素晴らしい公演でした。
・樹木に対する姿勢が学べました。
・優しい中にも力強い心もお持ちの方で心打たれました。
・今日紹介していただいた2園にぜひ行こうと思います。
・登校拒否・引きこもり対応もしていることに感激
・私の目標とする女性です。